2017年10月25日水曜日

松村景文 湖上月図



江戸後期、京都四条派画家の松村景文による「湖上月図」。

景文は四条派の祖である松村呉春の末弟でありながらも高弟として、四条派を隆盛に導いた画家。
その画風は柔らかな筆運びを特徴とし、たっぷりと余白をとった余韻のある作で知られています。

画題は湖上の月。
手前に湖、奥に緩やかな山々、天に月を配した月夜の湖を題としています。
京都生まれの景文にとって、湖とは即ち琵琶湖のことと推察されます。
とすると、琵琶湖に山月という要素からは、近江八景「石山秋月」が思い浮かばれるかもしれません。
省略を効かせた画面構成からは石山寺も消えていますが、留守文様として考えれば趣深いものがあります。
更に紫式部が石山寺に滞在し、琵琶湖を眺めながら源氏物語を起筆したという逸話を思えば、この風景は紫式部が見た景色を描いているともいえます。
景文得意の耽美的なこの画を前に、幽遠なる平安朝に思いをめぐらすことも、またおかしきことかもしれません。

当作は、京都美術倶楽部「当市山田定兵衛・山田定七両家入札目録」(大正15年)に掲載されております。
山田定兵衛とは、京都の大手呉服織物問屋。日本橋富沢町にも出店した、明治時代の大店でした。
また、山田定七は京都市下京区常議員。近代京都を代表する政財界人である浜岡光哲や中村栄助と共に関西貿易合資会社を設立(明治20年)するなど、やはり政財界を通じて活躍した人物でした。

時代の折れじわなどございますが、鑑賞に不自由する程ではございません。
ご希望の際はどうぞお問い合わせくださいませ。

松村景文
□生没年 安永八年(1779)~天保十四年(1843) 六十五歳没
□職種  四条派画家
□出自  松村呉春の末弟 京都の人
□称号  名直治 字土藻・子藻 通称要人 号景文・華渓
□師事  松村呉春
□門下  横山清暉・松川龍椿・西山芳園・八木奇峰・原田九美・磯野華堂
・国分文友・武村文眠・大原重徳・森義章・長谷川玉峰
□事績  山水・花鳥画を得意とし、特に写生画の花鳥に優れた。四条派を更に軽快かつ描写的に変化させ、同派を発展に導く。妙法院宮に近侍し、同寺に多くの襖絵を残す。
代表作「水辺群鴨」「梅に鶯」「鹿」「高麗馬図屏風」「四季花鳥図」
       (以上、落款花押大辞典(淡交社1982)より引用)

2017年10月17日火曜日

天室宗竺 菱角尖〃〃似錐




大徳寺一九〇世 天室宗竺による書、菱角尖〃〃似錐。
小色紙を軸装した作品です。

菱角尖〃〃似錐とは、唐代の禅僧 夾山善会(805881)の問答から採られています。


問う、「如何なるか是れ相似の句。」
師曰く、「荷葉團團として團かなること鏡に似たり、菱角尖尖として尖きこと錐に似たり。」
(蓮の葉は円く、その円きこと鏡に似ている。対して、菱の実は尖り、その尖ること錐に似ている。)

現世では各々が各々違った個性を持ち備えて生きている。
そして同時に、各々がその特徴をそのままに受け止め、本来の有り様に安らぎ、そして縁の中で平等に存在している。
その様子こそが本来の仏の理、御心として感じ入るものなのである、という解釈が馴染むかと思います。

当作品は、京都市本山田氏所蔵品入札目録(京都美術倶楽部1924年)に掲載されております。
本山田氏とは、京都府久御山町に在し、江戸時代には淀川・巨椋池の漁業者の代表として御牧郷十三カ村をまとめた大庄屋。
尚、旧山田家住宅(主屋・長屋門・長塀 江戸時代後期建築)は、平成22428日国登録有形文化財にも登録されているとのことです。

作品に時代のシミや折れじわもありますが、鑑賞には不自由ないかと思います。

ご希望の方はご連絡くださいませ。


天室宗竺
□生没年 慶長十年(1605)~寛文七年(1667826日) 六十三歳
□職種  僧(臨済宗) 大徳寺百九〇世住持(承応三年) 
     同寺塔頭大源庵第二世住職 東海寺輪番(寛文三年)
□出自  尾張国 俗姓渡部氏
□称号  法諱宗竺 道号天室 号一如子・如幻・乱道人・破笠氏 
     勅諡号大覚円明禅師
□師事  玉室宗珀
□門下  祥山宗瑞
□備考  詩文・書・茶の湯をよくす。
    (落款花押大辞典(淡交社)より引用)

2017年9月20日水曜日

古染付牛図火入


古染付牛図火入 箱付
寸法:高さ7.6cm×幅10.2cm

古染付の火入を入荷しましたので、紹介させていただきます。
古染付の美を説く著作は数多ありますが、茶道具においては他の道具との出会いの良さ、即ち素晴らしい調和性に古染付の長所はあると思います。
当作も莨盆の材を選ばず、真塗・一閑塗・木地など種々の莨盆、そして莨入と非常に相性が良いものです。

器形は上方に微かに開く半筒型。
正面にあたる部分は面取りされ、真上から見ると馬蹄形を呈するところが珍しい点です。
絵柄は、天神信仰や禅機画で馴染みの牛図。器の前後左右に踊るような牛が計四頭、濃淡良く描かれています。
高さ7.6cmと器高がやや低めですので、行李蓋や縁が少し低めの莨盆がお勧めです。

莨盆を組むのは難しくも愉しく、茶人の醍醐味ともいえます。
そんな愉悦の時間に当作も加えていただければ幸いです。

冷泉為頼筆 西行法師画賛


羽林家冷泉為頼卿自画自賛 
西行法師図 山里之和歌 
小堀宗慶箱書付

山里に うきよいとはん 友もかな くやしく過ぎし 昔かたらん

新古今和歌集 巻十七 西行法師



「庵を結んで住むこの山里に、同じように憂世を厭う友があってほしい。
悔しくも過ぎて来た在俗の昔を語り合おう。」



江戸初期の公卿、冷泉為頼による西行法師画賛。
為頼は徳川将軍家に厚遇を受けた上冷泉家の家柄であり、父は戦国末期の歌人としても著名な冷泉為満。
自身も小堀遠州の和歌の師として知られ、官位は従三位権中将に至り、寛永4(1627)36才にて没しています。

題とした西行は、末法の世と言われた平安鎌倉の混乱期を生きた隠遁の僧。
諸国を流離う中で隠棲趣味の和歌を完成させた人物です。
為頼は戦乱後の不安定な時代を生き抜く中、どこか我が身を西行に重ねたのかもしれません。
この幅を鑑賞していると、為頼が感じた憂世の儚さや人恋しさが静かに心に染み入り、親しき友人達の顔を思い浮かべずにはいられません。

某旧家所蔵品売立(昭和15723 名古屋美術倶楽部)に掲載。
名古屋美術青年会記念誌によると、当売立は名古屋の呉服商・八木平兵衛氏の匿名売立とのこと。八木家は柳営御物である大名物木津屋肩衝茶入も所蔵した中京を代表する数寄者の一人でした。

2017年9月19日火曜日

第十回 金美特別展

金沢美術倶楽部にて開催される「第十回 金美特別展」へ出店いたしますので、告知させていただきます。

当展示会は、二年に一回開催される特別なもの。

地元北陸だけでなく、東京や関西からも多くの出店が御座いますので、是非ご来場くださいませ。

尚、平寿商店は茶道具、特に時代の道具を中心に出品させていただきます。

当店展示ブースは、一階の御茶室です。

皆様のご来場をお待ち申し上げております。

◇◇◇
第十回 金美特別展
金沢を中心とする有名美術商35店が一堂に会し、 厳選された美術品を各商店ごとに展示即売いたします。

会 期/平成29年11月2日(木)、
          3日(金/祝日)、
          4日(土) 
    10:00~18:00(但し4日は16:00迄)
会 場/金沢美術倶楽部 金沢市上近江町61
入場料/無料


以上、金沢美術倶楽部ホームページより引用
http://kinbi.co.jp/037.html#article_005
◇◇◇

2017年4月19日水曜日

名美アートフェア 2017

名古屋美術倶楽部にて開催される「名美アートフェア」へ出店いたしますので、告知させていただきます。

平寿商店は茶道具、特に時代のさび道具と流儀の道具を中心に出品させていただきます。(当店展示ブースは2階。)

中京の皆さまの御眼鏡に適う作品がきっと準備出来るかと考えておりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。



◇◇◇

名古屋美術商協同組合に加盟する美術商が、個性溢れる展示で皆様をお迎えいたします。

様々なジャンルの美術品を鑑賞し、安心して気軽にご購入いただける美術品展示販売フェアです。

恒例となりましたチャリティー入札コーナーも引き続き開催いたします。

(6月23・24日の2日間)
 皆様お誘い合わせのうえ、是非ご来場ください。



平成29年
 6月23日() 午前10時~午後6時
   24日() 午前10時~午後6時
   25日() 午前10時~午後5時

名古屋美術倶楽部 全館
   名古屋市中区栄3-12-13
   電話 052-241-4356



特別講演

「名古屋城お庭焼の新知見と魅力」
~尾張徳川家のお庭焼の謎と新知見
       御深井焼・萩山焼・東山焼~

講 師  小池 富雄 氏
       鶴見大学文学部文化財学科教授
日 時  6月25日(日)
      午後1時~午後2時30分
場 所  名古屋美術倶楽部 4階ホール
入場には整理券(無料)が必要です。
当日10時より1階ロビーにて配布いたします。
定員になり次第締切らせていただきます。



以上、名古屋美術倶楽部HPより引用 http://www.meibi.or.jp/sub1.html

◇◇◇

創と造 2017




 五都美術商連合会による「創と造 2017 現代日本 絵画・工芸 新作展」が開催されますので、告知させていただきます。

当展は現代日本の代表的美術作家による新作巡回展であり、山本茜氏、武腰潤氏、中村康平氏、福島武山氏など、石川出身工芸作家の作品も多数展示されています。

金沢美術倶楽部では、201757日~9日の3日間、10時~17時開催(入場は1630分まで)です。

入場は無料。



金沢美術倶楽部HP http://kinbi.co.jp/034.html#article_005

東京美術倶楽部HP http://www.toobi.co.jp/or2017

(作家・作品の詳細などは東京美術倶楽部HPをご参照ください。)



また、期間中は「金美アートプロジェクト若手作家入札会」も開催しておりますので、双方の作品を見比べる楽しみもあるかと思います。

皆様お誘いあわせの上、是非御来場くださいませ。